有酸素運動

ジョギング中の痙攣に注意!痙攣にならないジョギングの方法

夏にジョギングをすると、脚などが痙攣しやすくなります。

とは言え、ダイエットは継続が大切ですので、「夏だけジョギングを休む」という選択を取ることはできません。

 

私自身、足が痙攣して半泣きになりながら帰宅した経験があります。

一度痙攣を起こしだすと、休んでもすぐに痙攣を繰り返すことになりかねません。

従って、ダイエットとしてジョギングをするのなら、「痙攣しにくいジョギング」をすることが大切なのです。



ジョギングダイエットにおすすめ ☛

夏にジョギングをすると痙攣しやすい

夏のジョギングで痙攣をした場合、考えられる大きな理由は脱水症状です。

やはり、夏にジョギングをすると、たくさんの汗をかきますからね。

つまり、夏は脱水症状を起こしやすく、その結果として痙攣になることがあるのです。

 

私は、6月頃にジョギング距離を延ばし、問題なく走ることができていました。

しかし、7月になり気温が上がると、痙攣を起こしてしまったのです。

このように、「今まで問題なく走れていた距離」でも、夏に走ると痙攣することもあるんですよ。

【自宅で有酸素運動】静かに効果的に行う方法!おすすめの運動7選ダイエットをするために有酸素運動を取り入れて、ウォーキングやジョギングは始めようかなと思っても、外に出るなら服装はどうしようかな? ...

痙攣しにくいジョギングの方法とは?

では、どのようにすれば、「痙攣しにくいジョギング」を実現することができるのでしょうか。

ここからは、痙攣しにくいジョギングの方法について、具体的に紹介していきます。

ジョギング前には充分に水分補給をする

夏のジョギングの痙攣は、脱水症状が原因である場合が多くあります。

従って、夏のジョギングにおいては、「脱水症状にならないように気をつけること」が重要になってきます。

 

まず、ジョギング前には、充分に水分補給をしたいですね。

また、ジョギング中に喉が渇いたら、水分補給をするようにしてください。

このように、水分補給を大切にすることで、脱水症状は起きにくくなります。

ジョギング前には準備運動をする

いきなりジョギングをしてしまうと、身体はビックリしてしまうものです。

つまり、いきなりジョギングをした場合、身体には大きな負担がかかってしまうのです。

 

身体に大きな負担がかかった結果、痙攣をしてしまう場合もあるものですよ。

やはり、ジョギングをする前には、準備運動をすべきでしょう。

 

準備運動をして、徐々に身体を動かしてからジョギングをすれば、痙攣するリスクを低めることができます。

無理のないジョギングをする

炎天下では走らない・体調が悪い日は走らないなど、「無理のないジョギングをする」ということも大切です。

 

少しでも走ることに不安を感じるのなら、無理してジョギングをすることなく、休むようにしてください。

私自身は、食欲がない日に、無理してジョギングをしたことがあります。

その日は、朝から食欲がなく、ほとんど食べていなかったのです。

そんな中でジョギングをしたら、脚が痙攣してしまいました。

 

このように、「痙攣になり得る不安や要素」があるのなら、絶対に走らないようにしてください。

なるべく上り坂は走らない

「上り坂を走る」という運動は、思っている以上に身体に負担がかかってしまいます。

ただでさえ、夏のジョギングは、体力を消耗するわけです。

そんな中で、上り坂を走ってしまうと、それが原因で痙攣を起こしてしまうかもしれません。

 

夏にジョギングをする場合、なるべく「平坦な道」や「下り坂」を走ることをオススメします。

どうしても、上り坂を通らなければいけない場合、そこだけ歩くという手もアリでしょう。

効率よくキレイな体に ☛

ジョギング中に痙攣してしまったら

とは言え、気をつけていても、ジョギング中に痙攣をしてしまうことはあります。

そのため、「ジョギング中に痙攣をしたら、どうすべきか」を考えることも重要でしょう。

ここからは、ジョギング中に痙攣してしまったときにしてもらいたいことを、紹介していきます。

休むorゆっくり歩く

身体が痙攣をしているということは、「身体が悲鳴をあげている」ということです。

そのため、身体が痙攣をしてしまったら、すぐに楽になることが大切です。

 

間違っても、痙攣をしているのにも関わらず、無理にジョギングを続けるようなことはしないでください。

 

ジョギング中に痙攣した場合、「日陰で座る」など、休んでみるといいでしょう。

ただ、脚を痙攣している場合、座るのが辛いことがあります。

そのような場合は、ゆっくりと歩いているほうが、楽であるはずです。

 

とにかく、「痙攣=楽になる」ということを肝に銘じて、ジョギングを楽しむようにしてくださいね。

水分補給をする

夏のジョギングの痙攣は、脱水症状が原因である場合が多いわけです。

つまり、夏のジョギングで痙攣した場合、「身体が水を求めている可能性が高い」とも考えることができます。

従って、痙攣をしてしまったら、積極的に水分補給をすべきでしょう。

 

夏にジョギングをする際には、小銭(数百円)を持って行くことをオススメします。

小銭(数百円)を持っていれば、自販機やコンビニさえ見つけられれば、すぐに水を手に入れることができますからね。

まとめ

当記事では、「痙攣しにくいジョギングの方法」「痙攣してしまったらどうすべきか」について、紹介をしてきました。

絶対に、痙攣をしないように万全の対策をして、楽しみながらジョギングをするようにしてください。

 

ジョギング中の熱中症を予防する方法!運動で体を壊したらダイエットの意味がない毎年、熱中症で亡くなられる方も多くなっていますよね。 昔はそこまでなかったように思いますが、最近は特に多くなった印象です。 ...

 



美ボディプロテインを試してみる

 

ABOUT ME
アバター
Martin
高校性の頃から筋トレに目覚め、陸上の長距離選手なのに無駄にラグビー部と一緒に筋トレをしてムキムキになる。 卒業すると筋肉はそのまま脂肪に変わり激太り。 ふと鏡を見て再び筋トレスイッチが入り、筋トレやダイエットについて読み漁る。1ヶ月で-9キロ体脂肪率6%に。 理想の体型は美しい細マッチョ♡
ブログをメールで購読