有酸素運動

ダイエットでのジョギング距離は少しずつ延ばす!挫折しない方法

ダイエットでジョギングをしていると、「距離を延ばしたい」と思うときが来るはずです。

しかし、勢いに任せて、一気に距離を延ばしてはいけません。

 

今後もジョギングを続けてゆくためには、少しずつ距離を延ばしてゆくことが大切なのです。



秘密のダイエット法

ジョギング距離は少しずつ延ばす

ジョギング距離を延ばすにしても、「変わらないんじゃないか…?」というくらい、少しずつ延ばすようにしてください。

 

この、「少しずつ延ばす」ということが、ジョギング距離を延ばす上では、重要になってきます。

 

少しずつジョギング距離を延ばしたほうが、挫折する可能性が低くなります。

そのため、結果として、数年後に長く走れている可能性が高いですよ。

 

やはり、ダイエットにおけるジョギングは、継続してゆかなければ意味がありません。

だからこそ、長期プランを練るように、少しずつジョギング距離を延ばすべきなのです。

ジョギング距離を一気に延ばすと、精神的に苦しくなる

もちろん、ジョギング距離を一気に延ばしても、走り切ることはできるかもしれません。

やはり、ジョギング距離を一気に延ばしても、それが自分の体力でこなせる距離であれば、完走することはできるのです。

 

しかし、ジョギング距離を一気に延ばした場合、体に高負担がかかることになります。

そんな、体に高負担がかかるジョギングを、週数日も行うわけです。

 

これでは、精神的に苦しくなってしまい、いずれ挫折しやすくなります。

一気に距離を延ばすと、ジョギングを止めがちに…

ジョギング距離を一気に延ばした結果、体に高負担がかかって精神的に苦しくなり、ジョギングを止めてしまう場合があります。

 

私も以前、ジョギング距離を5kmから10kmにと、一気に延ばしたことがあります。

10kmに延ばした最初の頃は、何とか完走をしていました。

しかし、何度か10kmジョギングを続けた結果、「もう走りたくない…」と感じてしまい、ジョギングを止めてしまったんですね。

当時の私にとって、10kmジョギングは体力限界寸前の運動であり、それを習慣化させることはできなかったのです。

 

このように、ジョギング距離を一気に延ばすと、止めてしまう場合もあるので、注意が必要です。




おすすめのダイエットプログラムはコチラ ☛

私が実践している、「ジョギング距離の延ばし方」

当時の私は、5kmから10kmにと、ジョギング距離を一気に延ばしてしまい、結果的に挫折したわけです。

その後、ジョギング仲間に、「ジョギング距離は少しずつ延ばすといい」と教えてもらいました。

それを、実践するように、私はジョギング距離を少しずつ延ばしたのですが、今では10kmを走れていますよ。

 

ここからは、そんな私が実践している、「ジョギング距離の延ばし方」を提案していきます。

【自宅で有酸素運動】静かに効果的に行う方法!おすすめの運動7選ダイエットをするために有酸素運動を取り入れて、ウォーキングやジョギングは始めようかなと思っても、外に出るなら服装はどうしようかな? ...

「ジョギングコース」を決めておく

同じジョギングコースを走れば、「何kmを何分で走れたか」を把握することが簡単です。

そのため、ジョギングコースを決めて、基本的にはそのコースを走ることが大切です。

 

毎回同じジョギングコースであれば、坂道などの路面状態も全く同じわけですからね。

やはり、ジョギング距離を徐々に延ばす上では、環境が同じであることが重要ですよ。

「ジョギングコース」に慣れたら、距離を延ばすことを考える

ジョギングコースを決めておき、毎回そのコースを走るとします。

きっと、何度も走ってゆくうちに、「慣れてきたな」と感じるときが来るでしょう。

 

「慣れてきたな」と感じたら、ジョギング距離を延ばすことを考えてください。

おそらく、現在のジョギングコースに慣れているわけですから、少し距離を延ばしても、問題なく続けられる可能性が高いですよ。

「次の信号まで走る…」という具合に、少しずつ距離を延ばす

現在のジョギングコースに慣れてきたら、距離を延ばすことを考えます。

しかし、何度も言うように、少しずつ距離を延ばすようにしてください。

 

例えば、「次の信号まで延ばしてみる」という具合に、とにかく少しずつ距離を延ばしてゆくことが大切です。

このように、「少しずつ距離を延ばすこと」を繰り返すことで、数年後には理想の距離を走れるようになっているのです。

心身に支障をきたしたら、元のジョギングコースに戻そう

ジョギング距離を少し延ばしたものの、「体が予想外に苦しいな」と感じることがあるかもしれません。

また、「走る気力が出ないな」と、ジョギングに行く気が起きなくなるかもしれません。

 

このような場合、延ばしたジョギング距離は、自分に合っていないと考えられます。

そのため、元のジョギングコースに戻すべきでしょう。

 

元のジョギングコースに戻して、さらに慣れてゆけばいいのです。

きっと、さらに慣れた頃には、再びジョギング距離を延ばしたとしても、問題なく走ることができますよ。

まとめ

ジョギング距離は、少しずつ延ばすことが大切です。

やはり、一気にジョギング距離を延ばすと、体に高負担がかかってしまい、挫折してしまいやすいのです。

 

少しずつジョギング距離を延ばすことこそが、理想の距離を走るための近道になると言えるでしょう。

 



2か月で -10kg を目指す ☛

 

有酸素運動をすると太る?正しいダイエットの知識で疑問を解決!有酸素運動を行うことで、逆に太ってしまうからやらない方がいいということを言われている方がいましたので、「おいおい、この人は何言ってんだ」...
筋肉をつけると脂肪を燃やす体に変化する!無酸素運動が効果的な理由ダイエットをしようと思った時、あなたならどうされますか? 食事制限をする。 ○○だけ食べる。 甘いものを食べないように...
【30代で9kg痩せた!】糖質制限と筋トレで効果的にやせるためには?今やダイエットといえば筋トレ、食事は糖質制限と言っていい程、筋トレをしながら糖質を制限して痩せていくというやり方が主流ともなってきました...
ABOUT ME
アバター
Martin
高校性の頃から筋トレに目覚め、陸上の長距離選手なのに無駄にラグビー部と一緒に筋トレをしてムキムキになる。 卒業すると筋肉はそのまま脂肪に変わり激太り。 ふと鏡を見て再び筋トレスイッチが入り、筋トレやダイエットについて読み漁る。1ヶ月で-9キロ体脂肪率6%に。 理想の体型は美しい細マッチョ♡
ブログをメールで購読