美容

骨盤のゆがみを治すとバストアップに繋がる?!胸と骨盤の関係性

女性の悩みといえば、むくみや冷え性、そして下半身太りやポッコリお腹。

これらと骨盤のゆがみが大きく関係していることはご存知でしょうか?

 

骨盤のゆがみを矯正することで、太りにくい体質になりダイエット効果も期待できるうえに、実はバストアップにも効果が期待できるんです。

今回は、なぜ骨盤のゆがみを治すとバストアップに効果があるのかについて解説していきます。

骨盤がゆがんでしまう原因

まずは骨盤がゆがんでしまう原因について考えていきましょう。

 

普段の生活の中で、足を組む行為や荷物を持つ時にはいつも同じ手で持つといった行動は、片方だけの筋肉を使用することになり、骨が引っ張られてしまって「ゆがみ」として現れます。

骨盤がゆがむことによって、肩こりや腰痛、さらには冷え性やむくみ、下半身太りなどといった様々な症状に繋がったしまいます。

足の組み方に注意!骨盤のゆがみを意識して下半身のキレイを手に入れるあなたは毎日の生活の中で、座っていることが多いですか? それとも、立っていることが多いですか? 長い時間同じ姿勢でい...

骨盤とバストの関係性

骨盤のゆがみを治すことで、様々な悩みを解消でき、ダイエットにとっても美容にとっても重要な役割を果たしています。

もちろん、バストアップにとっても骨盤のゆがみは大敵です。

骨盤がゆがんでしまうと、直接的にバストアップを阻害してしまっているというよりも、骨盤がゆがむことにより、バストアップしにくい体になってしまうということなんです。

バストアップできない原因

骨盤がゆがんでしまうと、背骨に影響を与え猫背になりやすくなってしまいます。

猫背になってしまうことで、肩が前に入り、胸が下方向に押される状態になってしまいます。

そうすると胸の周りが圧迫された状態になり、血流が阻害されてしまいます。

 

胸の筋肉が圧迫された状態では、リンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

このリンパの流れが悪くなっている状態では、バストアップするための栄養素が行き届かなくなるのです。

 

さらにはバストアップで重要な大胸筋などが十分に使うことができずに、筋肉が減少してしまいます。

これはバストアップを行うどころか、バストを保持する力もなくなってしまい、結果として垂れてくることになります。

ホルモンバランスの崩れもバストアップに悪影響

骨盤がゆがんでしまうと、女性ホルモンにも影響を与えてしまいます。

 

骨盤には仙骨という骨がありますが(お尻の割れ目の少し上の出っ張った骨)、これがゆがんでしまうと女性ホルモンの働きが悪くなり、生理不順を起こす原因にもなります。

 

女性ホルモンには、乳腺を発達させて胸を大きくする働きがあります。

骨盤がゆがみ血流が悪くなってしまうと、卵巣で生成されるはずの女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

バストアップの努力をしているのに大きくならない方、左右のバストのサイズが違う方は、骨盤がゆがんでいるのが原因かもしれません。

 

そこで、骨盤のゆがみを治すことで女性ホルモンの分泌が改善され、猫背も改善されることでバストへの血流が良くなり、バストアップに繋がります。


骨盤のゆがみ解消 簡単ストレッチ

骨盤のゆがみを解消して、キレイなバストを手に入れましょう。

お尻持ち上げストレッチ

  1. 仰向けに横になり両腕を頭の下で組みます。
  2. 足を少し開いて、親指同士をくっつけます(かかとを開いたままの八の字を作る)
  3. ②の状態のまま、息を吐きながら、ゆっくりとかかとを30cm程上に上げます。
  4. 5秒上げたら下に下ろします。
  5. ①~④を3回繰り返します。

文章で読むと少し難しく見えますが、内股の状態になっていれば大丈夫です。

④では5秒と記載していますが、お腹の力が弱いと5秒も大変かもしれませんので、上げる意識だけでも大丈夫です。(もし支えてもらえる人がいれば、下から少し支えてもらってもOK)

立った状態でのエクササイズ

  1. 立った状態で左右の土踏まずとかかとをくっつけます。
  2. 太ももの間をぎゅっと閉じる
  3. そのまま10秒キープ

こちらも力が弱いと閉じる感覚があまり分からない方もいると思います。

そんな時は、テニスボールくらいのサイズの柔らかいボールを太ももに挟むと、感覚が分かりやすくてやりやすいと思います。

 

これは座った状態で行っても効果があります。

お尻歩きエクササイズ

左右のお尻を使って前に進んでいくお尻歩きは、左右均等に力を使うため、バランスの取れた運動になります。

初めはコツがいりますが、足を伸ばした状態で座り、腰をねじって歩きます。


まとめ

骨盤のゆがみを治すためには、日頃から左右のバランスを意識をしていく必要があります。

数分のストレッチを習慣化させることが、骨盤のゆがみを治してバストアップに繋げることができます。

 

また、骨盤のゆがみを解消することは、バストアップだけでなく、体の様々な問題に対しても効果的に働いてくれます。

骨盤のゆがみが矯正されると、脂肪が付きにくい体質にもなるため、さらにキレイなボディラインを作ることができます。

ABOUT ME
アバター
Martin
高校性の頃から筋トレに目覚め、陸上の長距離選手なのに無駄にラグビー部と一緒に筋トレをしてムキムキになる。 卒業すると筋肉はそのまま脂肪に変わり激太り。 ふと鏡を見て再び筋トレスイッチが入り、筋トレやダイエットについて読み漁る。1ヶ月で-9キロ体脂肪率6%に。 理想の体型は美しい細マッチョ♡
ブログをメールで購読