ダイエット

フルーツダイエットで痩せるための効果的な方法!便秘解消やデトックス効果で内側からキレイに!

皆さん大好きなフルーツ。嫌いだという人は少ないと思いますが、特定のフルーツに関しては好き嫌いはあるのかもしれませんね。まぁ、フルーツと一言でいっても普段の生活での食生活においては、常に食卓に置かれているというのは意識していない限り珍しいのかもしれません。

『フルーツ』と聞いただけでも、自然と健康体になれそうな爽やかな響きではありますよね。

常に食卓にフルーツが並んでいるなんて・・・、キレイなモデルさんであったり、裕福な家庭や一流芸能人といった憧れるようなイメージがありますが、今では普通にスーパーや八百屋さんで手頃な価格で購入できるようになっていますので、爽やかな高級志向のイメージだけでなく、『フルーツ』は実はダイエットにとても効果的な食材でもあるので、毎日の食生活に意識して取り入れることをお勧めします。

偏ったダイエットは危険行為?!

一時期りんごダイエットやバナナダイエットなどがテレビの影響などにより流行したのは記憶にありますよね?
このフルーツだけといった偏った食生活というのを長期間に渡り続けてしまうと、栄養バランスが崩れてしまい、精神までバランスを崩してしまうような危険なダイエットなんです。
そもそも、○○だけの摂取しかしていないのでバランスどころではないのですが・・・。

偏ったダイエット方法では、一時的に体が細くなっても、維持するためにはその食生活を続けるしか方法はなくなります。
そして、少しでも他の食材を摂取するとリバウンドしてします。

おすすめの関連記事↓
ダイエットで欠かせない『PFCバランス』

フルーツを食べるのはいつがいい?

ダイエットを目的にフルーツを食べるのは、朝食に食べることが効果的です。
昼食や夕食時にはタンパク質や糖質などの生きるために必要な栄養素であり、「生活基礎代謝」のエネルギー確保が重要になります。

異性からモテたい、人に良く見られたい、人生を楽しみたいなどの動機からダイエットを始める深層心理のはずなのに、周りから白い目で見られるような体型であったり、体を壊してしまっていては本末転倒ですよね。
人生を楽しむどころか、辛い思いや苦しい思いを続けることは困難であり、結果として上手くいきません。

間違えた知識や、その場しのぎの努力では、ダイエットは成功しないのです。

フルーツは体型の変化だけでなく他にも嬉しい効果がある?

フルーツにはビタミンやミネラルなどの栄養素のほか、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維というのは、体内で消化されることなくそのまま排泄されるため、腸内環境をお掃除してくれる役目も果たします。

また、豊富なミネラルが体内の老廃物や毒素なども排出してくれるので、便秘の解消や体内のデトックス効果も期待できます。

どうやって食べる?

フルーツはそのまま生で食べても美味しいですが、最近では『焼きフルーツ』の効果も実証されているようです。
焼きフルーツの利点は、生では食べることが困難な皮ごと食べられるということです。

皮ごと食べることが栄養価が高いというのは今では知られた話ですが、なかなか皮ごと丸かじりというわけにはいきませんよね。そこで、オススメなのがシンプルに皮ごとオーブンやコンロなどで丸ごと焼くことです。

焼きフルーツのメリット

フルーツは火を通すことにで、そのまま食べるよりも

①甘みが増す
②栄養価が増える
③食物繊維がとりやすい

といったメリットがあります。そして加熱することによって柔らかくなり、美味しいと少し手間はかかりますが、楽しみながら取り入れることができます。

おすすめの焼きフルーツレシピ

《焼きフルーツレシピ①》焼きリンゴ

リンゴの皮にはポリフェノールが豊富に含まれており、善玉菌の増殖を手助ける働きがあります。食物繊維の摂取と相乗効果で便秘の改善に効果的です。

便秘が解消されることにより栄養素の体内への吸収率も高まるため効果は絶大です。

《焼きフルーツレシピ②》焼きバナナ

バナナには、加熱することによりオリゴ糖やポリフェノールが増え、善玉菌が腸内環境を整えて免疫力がアップし、風邪の予防に効果が期待できます。
また、「ファイトケミカル」が多く含まれており、優れた抗酸化作用があるため、女性には嬉しいアンチエイジング効果にも期待できます。

ただし、バナナは焦がしてしまうと効果が得られなくなるので注意が必要です。

《焼きフルーツレシピ③》焼きミカン

ミカンに限らず柑橘系の果物は、甘みが増します。
ミカンはビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化作用により免疫力を高めてくれます。
ですので、風邪の予防や美肌効果、アンチエイジング効果といった嬉しい作用が期待できます。

さらに、ミカンの皮には「リモネン」という香り成分が含まれており、リラックス効果と脂肪を燃焼させる効果があります。

その他の食べ方

さらに、今ではメジャーとなった『ドライフルーツ』は、ダイエット期間中のおやつに最適です。常に生のフルーツを持ち歩いたり、焼きフルーツにする時間が取れない場合でも、今ではコンビニでもドライフルーツは売られているので、生活の中に取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

ドライフルーツは乾燥させることにより、生のフルーツよりも甘みや味が凝縮されており、適度な噛み応えもあるので満腹感もアップします。

駄菓子を食べるよりも栄養価の高いヘルシーおやつです。

まとめ

フルーツは疲労の回復効果やストレス解消、食物繊維が豊富で腹持ちがよく、ある程度の満腹感も得られるフルーツはダイエットのアクセントにぴったり。

心身ともに健康的で美しい体型づくりをサポートしてくれますので、ぜひ取り入れてみましょう。

ABOUT ME
アバター
Martin
高校性の頃から筋トレに目覚め、陸上の長距離選手なのに無駄にラグビー部と一緒に筋トレをしてムキムキになる。 卒業すると筋肉はそのまま脂肪に変わり激太り。 ふと鏡を見て再び筋トレスイッチが入り、筋トレやダイエットについて読み漁る。1ヶ月で-9キロ体脂肪率6%に。 理想の体型は美しい細マッチョ♡
ブログをメールで購読