育児

偏食の対応 好き嫌いとの違いとは?

皆さんのお子さんは、好き嫌いなく何でも食べてくれますか?

我が家の息子は、好き嫌いが激しいというか、偏食なんです(T ^ T)

主に、お肉とお魚を食べないんです(-。-;

 

唯一食べてくれるお肉は、マクドナルドのチキンナゲットです(笑)

どんなに美味しいから食べてみてと進めても、頑なに口を閉ざして絶対に食べません!!

親戚の子が手羽先やハンバーグなんかをかぶりついて食べていても、「お肉嫌〜い」の一言で終わりです。

 

カレーやチャーハンに混ぜてみたりしましたが、どんなに小さいサイズでも見つけ出して、お皿の隅にはねられます。

あー・・・書いていて悲しくなってきました(笑)

 

これまでは息子の偏食に対して大目に見ていましたが、もう3歳にもなったので、そろそろ少しずつでも食べてほしい!!と強く思うようになったので、偏食対策について調べてみました。

偏食とは

まず、偏食について説明します。

偏食とは、ある特定の食品に対する好き嫌いがはっきりしていて、しかもその程度がひどい場合を言います。

 

偏食は、好き嫌いとは違います。

「ピーマンやニンジンが嫌い」という程度では、偏食とは言いません。

子どもの好き嫌いは一過性の場合が多く、調理法を変えれば食べられることも多いです。

例えば、子どもが肉料理しか食べないとします。

 

それを、子どもが好むからといって偏食を容認し、肉料理ばかり食べさせるようでは、わがままを助長するだけでなく、将来の生活習慣病の原因にもなります。

さらに、偏食は意欲や好奇心など、心の発達や性格形成などの要因になると言われています。

食べムラ対策!5つのアイデア!こんにちは!ゆーです(^^) なかなか食べない我が子・・・ たまにならいいんですが、これが毎日続くと栄養面でも気になっちゃい...

離乳期の対策法

生後8〜9ヶ月後頃、食べれる食品が多くなってくると、好き嫌いが少しずつ出てくるようになります。

好きなものは積極的に食べますが、嫌いなものは舌で拒否したり、顔を背けたりします。

 

これは、初めて食べる物への警戒心でもあるんです。

一度食べないからといって、嫌いなものと決めつけないで、調理法や味付けを変えて何度かチャレンジしてみてください!

無理に食べさせようとすれば、食事を嫌がるようになったり、食べ物への興味も失わせます。

 

「美味しいよ〜♪」などと、優しい言葉がけをしてあげることが大切です。

味付けが濃かったりすることも、食べない原因の一つです。

好きな食べ物の中に混ぜて食べさせることも一つの手段です。

食べムラ対策!5つのアイデア!こんにちは!ゆーです(^^) なかなか食べない我が子・・・ たまにならいいんですが、これが毎日続くと栄養面でも気になっちゃい...

幼児期の対策法

2〜3歳になると反抗期になり、食べ物の好き嫌いをはっきり言うようになり、嫌いなものを拒否する態度を示すようになります。

これは自己主張や自我の表れで、心の発達です。

 

【この時期の好き嫌いを子どもの言いなりにすると、偏食が固着する。】と言われていますが、嫌いな食べ物を強制することは逆効果なんです。

「これは嫌いだから、どうせ食べないもんなー」と遠ざけてしまわず、いろんな調理法で試してみて食卓に並べてみましょう。

 

気が向いたら、食べてくれるかもしれませんよ♬

また、保育園や幼稚園などの集団生活の中で、友達と食べる楽しさを知り、嫌いな食べ物も食べようとする気持ちが育ち、いつの間にか改善されることもありますよ!

幼児期に気をつけることは、食べられなかったことに対して、怒らないということです。

 

「これを食べないと大きくなれないよ!」や、「これを食べたらお利口さんなのになー」などと、マイナスな言葉を言ってしまうと、その食べ物にマイナスのイメージがついてしまいます。

少しでも食べることができたら、「すごーい!!!食べられてえらいねー!!!」と、大袈裟なぐらい褒めてあげましょう♬

 

要点まとめ
  1. 苦手なものを一口でも食べれたら、大袈裟なぐらいに褒める!
  2. 一口でも食べれたらあとは強要しない!
  3. 嫌いな食材を遠ざけてしまわず、いろんな調理法や味付けで試してみる!
  4. 食べれないからといって、マイナスな言葉は使わない!
  5. 無理強いは絶対にダメ!

まとめ

まだまだ食べ物の対する先入観がない頃だから、最初はなんでも好きで食べれるはず!!

そう思うものですが、実は好き嫌いにも遺伝的な要素があるんです!

本人は意識していなくても、最初に食べた味に対して、「なんとなく好き」、「なんとなく嫌い」という区別をしているんです。

 

そして、調味料や調理法選びも大事なんです。

例えば、人参でも調理法がいろいろありますよね。

塩胡椒で炒めたり、バターで炒めたり、お味噌汁に入れたり、野菜スープに入れたり、人参グラッセにしたり・・・

 

レパートリーが少なくなったら、今はスマホ一つでいろいろな調理法が調べることができますよね!

私は毎日のように頼っています(^。^)

献立のマンネリ化を防ぐことも偏食対策になりますよ★

 

あまり神経質になりすぎないようにすることも大切ですよ♪

ABOUT ME
ゆー
ゆー
2016年に出産。育児歴3年のママです。 本を読んで勉強することが大好きです! 愛する息子のために子育ての疑問を試行錯誤しながら解決してます。 知育や幼児教育にハマってます。
ブログをメールで購読